恋愛奮闘記

ここでは、恋愛奮闘記 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20年以上も前1985年の映画ヘブンリー・キッド」これが結構お奨め^^

hk.jpg

ラブコメファンタジーになるのかな?!まぁその辺は見た方の判断にお任せです。

愛する人を残し、若気のいたりで行ったチキンレースで死んでしまった主人公は、
簡単には天国に行かせてもらえず、天使から使命を与えられます。その使命とは、
ある少年を一人前の男にすること。嫌でもそれをしないと天国には行かせてもらえないのです。

彼がジーパンに皮ジャン姿で舞い降りた世界は主人公の彼が死んでから約20年経った世界。
最初は乗り気ではなかった主人公も、もともと1960年代バリバリのロックンローラー的突っ張り君(私の解釈^^)の技量で、少年と仲良くなり、時には喧嘩もしながら少しずつ少年を一人前の大人になる指導(かなり悪いことも教えたりしますが^^;)をしていきます。
そして迎えるラストは・・・・・。

おそらくこの映画B級映画の部類になるのでしょうし、ネタ的にもありがちかもしれませんが、
決して内容はB級ではありません。男の人には特に見て貰いたい映画です。
あるひとつの男の格好良さや優しさというか、見終わった時に、とても後味のよい内容です。

是非機会があったら見て下され^^b


スポンサーサイト
  dlv73672_j1.jpg

イルマーレ」って皆さんも知っていますよね。
最近ではキアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック主演で上演されましたね。

  21Q6CEFWV7L__SL500_AA140_.jpg

その元になっているのが主演チョン・ジヒョン, イ・ジョンジェ韓国映画イルマーレ」。題名も同じでストーリーもほぼ同じ。
結構韓国映画は現在と過去、未来みたいな、時を超えた恋愛映画が多く(偶然私が観てるだけかも^^)、「リメンバーミー」なんて映画に至っては、21年もの時を超えてしまう^^この2つの作品は確か2000年頃の作品だったかと。

  KABD400_l.jpg

私は最初に「リメンバーミー」を観たせいで、「イルマーレ」を観た時にはつい最初は比較してしまいました。片や2年、片や21年、でも同じ時を超えたラブストーリー。題材は似てるのですが、2つの映画を何度も観直していくうちに、それぞれの映画の全く違った良さがわかってきました。

個人的には「リメンバーミー」の方が好きかも。歳取るごとに悲しい映画は観るのが耐えられなくなり、「イルマーレ」的ハッピーエンドの方がいいはずなのに。何故か「リメンバーミー」の最後は切なくて悲しいはずなのに、これで良かったって妙な優しい気持ちになってしまった。

リメンバーミー」はユ・ジテキム・ハヌル主演で、日本では「時の香り」というタイトルでリメイクされたのですが、やはり韓国の「リメンバーミー」の方がよかったかと。あくまで私個人の感想ですが^^「時の香り」は別の意味でよかったかな。大好きな吹石一恵さんが出ていたことが理由で~す^^b

何はともあれ、ハリウッド版「イルマーレ」にしても日本版「リメンバーミー」にしても、元になっている作品が良いからリメイクするわけで、それだけになかなか元の作品を超えることはできないのではないでしょうか。

是非観ていない方は韓国映画イルマーレ」「リメンバーミー」を機会があったら観てはいかがかな。
どちらもとても素敵な映画ですよ^^b

リメンバー・ミー
パイオニアLDC
イルマーレ
3,816円 / eBEST
イルマーレ
ワーナー・ホーム・ビデオ
FUKIISHI―吹石一恵写真集 (ヤン...
西田 幸樹

こんな人が理想だなと思う時は確かにあります。私の場合、ドラマや映画の中が多いかも^^;

現実ではどうでしょう、理想の人ってなかなかいないからこそいたらいいなと思う、
ある意味自分の好みの押しつけみたいな気もするし・・・。

それに、理想の相手を好きになる恋愛ってあまりないような気もしませんか?
相手の欠点がまた可愛くも感じてしまうのが恋愛のような^^

う~ん、好きになった相手が理想の人ですかね^^b

第451回「理想の異性を教えてください!」

う~ん、いまいちこのタイトルの意味がわからない^^;

追われる恋って何・・・?

恋した時って、
[あなたは追われる恋?追う恋?どちら派?って???]の続きを読む
毎年のことながら、当日よりもその前後の日で貰うことが多い^^;
当然そのほとんど(もとい、その全て)がお義理ですが^^

遥か遠~い昔には、好きな子から貰える貰えないで一喜一憂した
そんなバレンタインだったような記憶が少しだけ残ってます。
[バレンタイン一過]の続きを読む
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。